HOME > What's New
What's New

What's New



[2012.01.13]

医療機関の運営に関する支援業務のご案内

 新しい年が明けました。本年は皆様にとりまして良い年となりますようお祈り申し上げます。

 さて、弊社では昨年末から医療機関殿の運用を支援すべく、3つの支援業務に関するご案内を、ご迷惑を承知でDMにて順次発送させていただいております。※主な宛名を院長殿、または事務長殿とさせていただきました。
3つの支援業務は以下の通りです。
1.DPCコーディング内容精査業務
2.診療報酬請求コンプライアンス検証業務
3.医療事務委託内容検証業務

 上記の3業務は、以下の特徴によってお客様が導入しやすい形式を有しています。
◎短期間での実施による即効性
◎廉価設定による費用負担抑制
◎ポイントを絞った調査による効果の見える化

 いずれの業務も、弊社の経験とノウハウを十分に活用し、必ずやお客様のお役に立つことができることと確信しています。
✓DPCコーディングの最終決定者は医師ですが、現状のコーディング内容や手順等の検証を行い、最終判断に至るまでの経緯を事務的な側面から見直すことで、より精度の高いコーディングの実現を図ります。
✓診療報酬請求業務は施設基準や療養担当規則等によってさまざまなしばりがあります。コンプライアンス違反と指摘されないよう、現状の請求内容を制度上の視点から検証し、適正な請求となるべく改善を図っていきます。
✓医療事務の委託化はその効果が見えにくいものです。現状の委託業務上の問題点や課題を顕在化させるとともに、次回契約の際の改善項目や評価方法等の助言によって業務委託の最適化を図ります。

 本年は診療報酬改定の年です。まだ詳細は審議中ですが、これから改定対策を徐々に講じていくとともに、改定の内容に左右されることのないよう、自院の運用基盤をしっかりと構築していくことも重要です。

 支援業務に関する詳細説明をお聞きになりたい場合や、まだ弊社DMがお手元に届いていないお客様は、是非下記までご一報ください。

お問合せフォームはこちら
連絡先/TEL:054-254-0301